株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

北陸電工が急反発、光通信が大株主浮上で思惑◇ 12月02日10時52分

 北陸電気工事<1930.T>が急反発。光通信<9435.T>が1日の取引終了後、財務省に大量保有報告書を提出。北陸電工株の保有割合が5.70%と新たに5%を超えたことが判明しており、これを受けて需給思惑的な買いが入っているようだ。保有目的は純投資としている。報告義務発生日は11月24日。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」3位に宇徳
海運株が業種別上昇率で断トツに、バルチック3000大台復帰と目標株価引き上げの動きを好感◇
AMIはもみ合う、点検・検査記録向け対話型ハンズフリー音声入力システムを販売開始


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »