株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

【投資部門別売買動向】海外勢が現先合算で6489億円売り越す一方、個人は買い向かう (11月第4週) 12月02日20時00分


●海外勢が現物・先物合算で6489億円売り越す一方、個人は買い向かう

 東証が2日に発表した11月第4週(11月22日~26日)の投資部門別売買動向(現物)によると、米長期金利上昇と南アフリカで発見された新型コロナウイルス変異株に対する警戒売りが膨らみ日経平均株価が前週末比994円安の2万8751円と2週ぶりに急反落となったこの週は、海外投資家が3週連続で売り越した。売越額は2483億円と前週の1475億円から拡大した。海外投資家は先物の投資部門別売買動向でも日経225先物、TOPIX先物、ミニ日経225先物、ミニTOPIX先物の合計で3週ぶりに売り越した。売越額は4006億円だった。現物と先物の合算では2週連続で売り越し、売越額は6489億円と前週の1456億円から急拡大し、9月5週以来およそ2ヵ月ぶりの大きさだった。証券会社の自己売買は8週連続で売り越し、売越額は2699億円と前週の1149億円から大幅に増加した。

 一方、個人投資家は2週連続で買い越し、買越額は4100億円と前週の1281億円から拡大した。相場急落を受けて逆張り志向の強い個人投資家は買い向かった格好だ。自社株買いが中心とみられる事業法人も27週連続で買い越し、買越額は917億円だった。年金基金の売買動向を映すとされる信託銀行も6週連続で買い越したものの、買越額は73億円にとどまった。

 日経平均が急反落する中、海外投資家が現物・先物合算で6489億円売り越す一方、個人投資家は買い向かった格好だ。


 ■投資部門別売買代金差額 (11月22日~26日)
  東証・名証2市場の1・2部と新興企業向け市場の合計[総合証券ベース(全50社)]
  ※単位:億円(億円未満切り捨て) ▲は売り越し

       海外投資家 信託銀行 個人合計 [  現金  信用 ] 日経平均 ( 前週比 )
11月 ―――
  第4週    ▲2,483    73   4,100 [  2,123  1,976 ] 28,751円 ( -994 円)
  第3週    ▲1,475   1,310   1,281 [  ▲529  1,810 ] 29,745円 ( +135 円)
  第2週     ▲372    652   ▲541 [  ▲863   322 ] 29,609円 (  -1 円)
  第1週     1,453   2,181  ▲3,386 [ ▲2,880  ▲505 ] 29,611円 ( +718 円)
10月 ―――
  第4週    ▲1,414    646    188 [ ▲1,168  1,356 ] 28,892円 ( +87 円)
  第3週    ▲1,089    546    416 [  ▲703  1,120 ] 28,804円 ( -263 円)
  第2週     4,788  ▲2,569  ▲1,605 [ ▲1,761   155 ] 29,068円 ( +1019 円)
  第1週     4,653  ▲1,610   2,159 [  1,283   876 ] 28,048円 ( -722 円)
9月 ―――
  第5週    ▲4,889  ▲3,475   5,516 [  2,736  2,779 ] 28,771円 ( -1477 円)
  第4週    ▲2,691  ▲2,501   ▲163 [  ▲748   584 ] 30,248円 ( -251 円)
  第3週     ▲500  ▲3,775   ▲520 [ ▲1,560  1,039 ] 30,500円 ( +118 円)
  第2週     3,010  ▲2,120  ▲5,805 [ ▲5,815    9 ] 30,381円 ( +1253 円)
  第1週     3,669   ▲292  ▲4,917 [ ▲4,404  ▲513 ] 29,128円 ( +1486 円)
8月 ―――
  第4週     ▲45    798  ▲2,483 [ ▲1,635  ▲847 ] 27,641円 ( +627 円)
  第3週    ▲3,634    111   4,058 [  2,443  1,615 ] 27,013円 ( -963 円)
  第2週     1,576   ▲443  ▲1,579 [ ▲1,720   140 ] 27,977円 ( +157 円)
  第1週      710    509  ▲1,903 [ ▲1,572  ▲330 ] 27,820円 ( +536 円)
7月 ―――
  第4週     ▲579    17     0 [  ▲385   385 ] 27,283円 ( -264 円)
  第3週    ▲3,133    136   2,425 [  1,521   904 ] 27,548円 ( -455 円)
  第2週     1,101    266  ▲2,167 [ ▲1,990  ▲176 ] 28,003円 ( +62 円)
  第1週      137    ▲2   4,668 [  2,464  2,204 ] 27,940円 ( -842 円)


※「信託銀行」は年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)など年金基金の売買動向を映すとされる部門。「個人・現金」は個人投資家による現物取引の売買動向、「個人・信用」は個人投資家による信用取引の売買動向。
※日銀が金融緩和策の一環として実施しているETF(上場投資信託)の買い入れは、ETFを組成する証券会社の自己売買部門を通じて買い入れているとみられる。


株探ニュース

【関連ニュース】
本日の【株主優待】情報 (2日引け後 発表分)
本日の【新規公開(IPO)】仮条件情報 (2日大引け後 発表分)
本日の【自社株買い】銘柄 (2日大引け後 発表分)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »