株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

アセンテックは反落、ITサービス事業のディスクHDに出資を発表も反応薄 12月02日10時02分

 アセンテック<3565.T>は反落。同社は1日取引終了後、ITサービス事業を展開するディクスホールディングス(東京都港区)が実施する第三者割当による新株式発行を引き受け、1900万円を出資することを決定したと発表したが、これを材料視する動きは限定的のようだ。

 持ち株比率は非公表としたが、主要株主となる基準未満としている。ディクスHDは仮想デスクトップやクラウド、DX(デジタルトランスフォーメーション)、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)など多様なITトータルソリューションサービスを提供している。今回の出資によって協業体制を強化し、業務提携を通じて事業拡大に向けた取り組みを進めるとした。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
アセンテックがITサービス事業のディスクHDに出資
◎午前10時現在の値上がり値下がり銘柄数
<注目銘柄>=ノリタケ、通信分野向け電子部品材料など好調


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »