株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ラストワンMは後場カイ気配スタート、大東建託パートナーズと業務提携 12月02日12時38分

 ラストワンマイル<9252.T>が後場カイ気配スタート。同社は正午ごろ、アパートやマンションなどの運営管理を行う大東建託パートナーズ(東京都港区)と業務提携を行うと発表した。

 大東建託パートナーズでは自社が管理する物件の入居者向けに11月8日から、暮らしに特化したプラットフォーム「ruum(ルーム)」を展開しており、入居者はこれを通じて入退去時の手続きを行うことが可能。この際、「退去時のライフライン手続の代行」を希望した入居者の代行手続きをラストワンMが一括して行う。

 ラストワンMは現在、年間で約1万3000件の代行手配を行っているが、今回の業務提携によって全国展開を行うこととなる。年間の代行手配件数は約9万件に拡大する見通しとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
テリロジーが一時ストップ高、菱地所子会社と医療機関に多言語サービス提案開始◇
午前:債券サマリー 先物は反発、長期金利0.060%に横ばい
<個人投資家の予想> 12月02日 12時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »