株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均テクニカル:反発、陽の大引け坊主で短期底打ち示唆 12月03日18時15分

3日の日経平均は反発した。終値は節目の28000円を回復。ローソク足は上ヒゲのない
「陽の大引け坊主」から長い下ヒゲを出したほか、終値は5日移動平均線上方に復帰し、短期的な底打ちの可能性を示唆している。しかし、一目均衡表では基準線とその下を走る転換線がわずかに下降。5日線や25日線も下向きで引け、根強い売り圧力を意識させている。週足では13週線が上向きから下向きに転換し、26週線と52週線のデッドクロスも迫っており、本日の28000円回復がダマシに終わるリスクにも留意したい。

<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »