株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(大引け)=前日比276円高と反発、4日ぶり2万8000円回復 12月03日15時50分

 3日の東京株式市場で日経平均株価は大幅反発。後場に入り買いが優勢となり、4日ぶりに2万8000円を回復した。

 大引けの日経平均株価は前日比276円20銭高の2万8029円57銭。東証1部の売買高概算は12億3333万株。売買代金概算は2兆9347億円となった。値上がり銘柄数は2015と全体の約92%、値下がり銘柄数は138、変わらずは31銘柄だった。

 前日の米株式市場では、NYダウが617ドル高と急反発。これを受けた、東京市場で日経平均株価は、寄り付きでは値を上げてスタートしたが、上値では売りに押され前場は一時160円を超す下落となるなど軟調に推移した。ただ、後場に入る買いが優勢となり、日経平均は2万8000円を回復し高値引けで取引を終えた。新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」を巡る状況が警戒されているが、前日までの大幅な下げで値頃感が強まっていた。今晩は米11月雇用統計が発表されることもあり、その結果も注目されている。中小型株も堅調で、東証マザーズ指数は8日ぶりに反発した。

 個別銘柄では、日本郵船<9101.T>や川崎汽船<9107.T>、商船三井<9104.T>など海運株が高く、ソニーグループ<6758.T>やトヨタ自動車<7203.T>、ダイキン工業<6367.T>が買われた。日本航空<9201.T>やANAホールディングス<9202.T>が急伸し、JR東日本<9020.T>やJR東海<9022.T>も値を上げた。

 半面、ソフトバンクグループ<9984.T>やファーストリテイリング<9983.T>が安く、レーザーテック<6920.T>や東京エレクトロン<8035.T>、任天堂<7974.T>が軟調。FRONTEO<2158.T>やリボミック<4591.T>が急落した。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」2位にANAHD
東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は前日終値近辺で推移
ソフトバンクGは下げ幅広げる展開に、出資するディディがNY上場廃止手続き◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »