株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

NY外為:ドル・円113円割れ一目均衡表雲入り、米10年債利回りは9月来の低水準 12月04日02時21分

NY外為市場では米金利低下に伴うドル売りが優勢となった。ドル・円は113円61銭の高値から112円86銭まで反落。50日移動平均水準113円41銭を割り込み再び一目均衡表の雲入りとなった。ユーロ・ドルは1.1267ドルの安値から1.1300ドルまで回復した。

米国債相場は安全資産としての買いが強まり、10年債利回りは1.37%まで低下し9月来の低水準となった。



<KY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »