株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

個別銘柄戦略:内田洋行やアインHDなどに注目 12月06日09時08分

先週末3日の米国市場ではNYダウが59.71ドル安の34580.08、ナスダック総合指数が295.85pt安の15085.47、シカゴ日経225先物が大阪日中比280円安の27790円。週明け6日早朝の為替は1ドル=112.90円(3日午後3時は113.22円)。本日の東京市場では、前週末のナスダック総合指数の大幅安を嫌気し、ソフトバンクG<9984>、ソニーG<6758>、村田製<6981>、TDK<6762>などハイテク株に売りが広がりそうだ。米10年物国債利回りが1.3%台半ばへ低下したことから三菱UFJ<8306>、第一生命HD<8750>、東京海上HD<8766>など大手金融株の下落も警戒されよう。また、1ドル=112円台への円高・ドル安進行を背景に、日産自<7201>、マツダ<7261>などの輸送用機器も冴えない動きとなりそうだ。一方、先週末大引け後に好決算を発表した内田洋行<8057>、アインHD<9627>には買いが入りそうだ。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »