株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は反落、ソフトバンクGと中外薬の2銘柄で約102円押し下げ 12月06日12時28分

6日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり124銘柄、値下がり94銘柄、変わらず7銘柄となった。

日経平均は反落。162.76円安の27866.81円(出来高概算5億4608万株)で前場の取引を終えている。前週末3日の米株式市場でNYダウは59.71ドル安(-0.17%)と小幅反落。米議会がつなぎ予算案を可決し政府機関閉鎖が回避されたため安心感に寄り付き後上昇。しかし、米国内でオミクロン変異株感染が拡大、さらに、11月雇用統計で雇用者数が予想の半分の伸びにとどまり失望感から、下落に転じた。一方で連邦準備制度理事会(FRB)による金融緩和縮小の軌道に変わりはないとの見方から更なる売りに繋がった。ハイテク株比率の高いナスダック総合指数は-1.92%と大幅に反落。ただ、NYダウの下げが限定的だったことで景気敏感株の一角には買いが入り、日経平均は40.39円高の28069.96円でスタート。しかし、米ハイテク株安を引き継ぎ、東京市場でもグロース株やハイテク株中心に売りが広がったことで、寄り付き直後には下落に転じ、一時は335.66円安の27693.91円まで下げた。ただ、売り一巡後は押し目買いも入り、前引けにかけては下げ幅を縮小する動きが続いた。

値下がり寄与トップはソフトバンクG<9984>、同2位は中外薬<4519>となり、2銘柄で日経平均を約102円押し下げた。ソフトバンクGは、出資先企業であるアリババの株価下落が続いていることが重しに。加えて、同社が出資している中国配車サービス大手がNY証取の上場廃止を発表していること、アームのエヌビディアへの売却に不透明感が広がっていることなども売り材料視へ。また、日経平均構成銘柄の下落率トップもソフトバンクGで7.39%安、同2位はSUMCO<3436>で4.17%安だった。

一方、値上がり寄与トップはファーストリテ<9983>、同2位はKDDI<9433>となり、2銘柄で日経平均を約22円押し上げた。また、日経平均構成銘柄の上昇率トップは川崎汽船<9107>で5.86%高、同2位はデンカ<4061>で3.73%高だった。


*11:30現在


日経平均株価  27866.81(-162.76)

値上がり銘柄数 124(寄与度+84.90)
値下がり銘柄数  94(寄与度-247.66)
変わらず銘柄数  7

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格   前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ    67020     370 +13.04
<9433> KDDI           3337     43 +9.09
<8035> 東エレク        59480     180 +6.34
<6645> オムロン        11295     115 +4.05
<6954> ファナック       23155     110 +3.88
<9766> コナミHD         6130     80 +2.82
<4324> 電通G           3805     55 +1.94
<4452> 花王           5964     53 +1.87
<2502> アサヒ          4428     50 +1.76
<6971> 京セラ          6895     24 +1.69
<7832> バンナムHD       9160     42 +1.48
<6988> 日東電          8160     40 +1.41
<1721> コムシスHD       2559     38 +1.34
<9107> 川崎船          6500     360 +1.27
<6301> コマツ          2737    35.5 +1.25
<6479> ミネベアミツミ     3055     35 +1.23
<6367> ダイキン        25345     35 +1.23
<3382> 7&iHD           4758     32 +1.13
<4704> トレンド         6620     30 +1.06
<1928> 積水ハウス       2347     30 +1.06

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格   前日比 寄与度
<9984> ソフトバンクG     5148    -411 -86.91
<4519> 中外薬          3529    -147 -15.54
<6857> アドバンテ       9840    -210 -14.80
<6098> リクルートHD      7065    -126 -13.32
<4568> 第一三共       2731.5    -115 -12.16
<2413> エムスリー       5752    -107 -9.05
<7733> オリンパス       2426   -50.5 -7.12
<6758> ソニーG         13635    -190 -6.70
<7269> スズキ          4458    -145 -5.11
<4901> 富士フイルム      8650    -144 -5.08
<6762> TDK            4375     -45 -4.76
<9613> NTTデータ        2351     -24 -4.23
<9735> セコム          7574    -118 -4.16
<4523> エーザイ         6831    -114 -4.02
<4503> アステラス薬     1759.5   -22.5 -3.97
<2801> キッコーマン      8500    -110 -3.88
<3659> ネクソン         2201     -52 -3.67
<4063> 信越化         19235     -90 -3.17
<6976> 太陽誘電         6090     -80 -2.82
<4507> 塩野義          7525     -74 -2.61



<CS>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »