株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」1位にFRONTEO 12月06日10時45分

 「みんかぶ」が集計する「個人投資家の予想(最新48時間)」の6日午前10時現在で、FRONTEO<2158.T>が「売り予想数上昇」で1位となっている。

 6日の東京市場で、FRONTEOは前週末にストップ安をつけた流れを引き継いでスタート。その後は一時プラス圏に浮上する場面もあった。同社株は11月26日に年初来高値となる5300円をつけたあと、信用規制が影響するかたちで軟化。東京証券取引所が11月29日から同社株の信用取引による新規の売り付け及び買い付けにかかる委託保証金率を50%以上(うち現金20%以上)としているほか、日本証券金融も貸借取引自己取引分及び非清算者ごとの清算取次貸借取引自己取引分の貸借担保金率を50%(うち現金20%)としている。

 ただ、アクセリード(東京都港区)と人工知能(AI)を用いて医薬品開発におけるターゲット分子のポテンシャルを解析する共同事業「Druggable Target 1000」に関する契約を締結したと12月2日に発表するなど手掛かり材料も多く、「買い予想数上昇」4位にもランクされている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<12月03日のストップ安銘柄>
ミツウロコGと日工営はしっかり、次世代電力統合システム開発及び実証事業で業務提携◇
<個人投資家の予想> 12月06日 10時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »