株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ミツウロコGと日工営はしっかり、次世代電力統合システム開発及び実証事業で業務提携◇ 12月06日10時43分

 ミツウロコグループホールディングス<8131.T>、日本工営<1954.T>はともにしっかり。両社はきょう午前10時ごろ、ミツウロコGの子会社であるミツウロコグリーンエネルギーと日本工営が、蓄電池などの分散型エネルギーリソースを活用した次世代電力統合システムの開発及び実証事業に関し、業務提携を締結したと発表した。

 提携によって、変動性の高い太陽光発電、風力発電など再生可能エネルギー発電設備における発電量予測や再生可能エネルギーの需給調整サービスをはじめ、蓄電池など分散型エネルギーリソースの制御などを用いることで、安定的かつ効率的な電力の需給バランスを組成するシステム「IPoCC」の構築を目指す。これにより、今年度から段階的に始まった需給調整市場、24年度に開始する容量市場に、よりスムーズに対応できるようになるとしている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 12月06日 10時
外為サマリー:1ドル113円00銭台で推移、買い戻し入るも戻り限定的
シーズメンがS高カイ気配、ファッションブランドのメタバース参入支援事業を開始


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »