株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

◎6日前場の主要ヘッドライン 12月06日11時33分

・紙パルプ株買われる、低PBRとディフェンシブ性評価で業種別値上がり率第2位に
・ソフトバンクGが急落で5000円大台攻防、8カ月半で株価は半値以下に
・シーズメンがS高カイ気配、ファッションブランドのメタバース参入支援事業を開始
・マザーズ指数が一時年初来安値下回る、時価総額上位銘柄が総崩れに
・キタックが大幅続伸、22年10月期の営業黒字転換見通しなどを好感
・マネックスGなど仮想通貨関連に逆風強まる、ビットコイン価格は2割強の暴落
・月島機は全体相場に逆行高、JFEエンジニアリングとの水事業統合へ協議
・メガバンクが軟調、米10年債利回りが1.3%台半ばに急低下
・レーザーテックなど下値模索、エヌビディアやAMD大幅安で半導体関連に逆風
・ファーマFがカイ気配スタート、通販事業好調で第1四半期営業利益は大幅黒字転換

※ヘッドラインは記事配信時点のものです

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
泉州電が反発、21年10月期は計画上振れで着地
弁護士COMがプラスに転じる、「クラウドサイン」がLGWAN-ASPへ対応
精工技研が続伸、医療用マイクロ流路デバイスの量産を開始


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »