株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(前引け)=反落、米ナスダック株安でリスク回避 12月06日11時44分

 6日前引けの日経平均株価は前営業日比162円76銭安の2万7866円81銭と反落。前場の東証1部の売買高概算は5億4608万株、売買代金概算は1兆2694億円。値上がり銘柄数は1071、対して値下がり銘柄数は993、変わらずは120銘柄だった。

 きょう前場の東京株式市場は寄り付きこそ日経平均が高く始まったものの、買いは続かずすぐにマイナス圏に沈み下値を模索する展開となった。前週末の米国株市場でナスダック総合指数が大きく売り込まれたことで、投資家のリスク回避の姿勢が強まった。特に日経平均寄与度の高いソフトバンクGの下げが顕著で指数を押し下げている。新型コロナウイルスの変異株であるオミクロン株の感染拡大が経済に与える影響が警戒されているほか、FRBのテーパリング加速や利上げ前倒しに対する思惑が懸念視され、全体相場の上値を重くしている。もっとも個別では値下がり銘柄数が全体に占める割合が5割にとどまっており、TOPIXの下げは9ポイント強となっている。

 個別では売買代金トップのソフトバンクグループ<9984.T>が大幅安に売られたほかレーザーテック<6920.T>も下値を探る展開。ソニーグループ<6758.T>も軟調でSUMCO<3436.T>も安い。マネックスグループ<8698.T>、マネーフォワード<3994.T>など仮想通貨関連株が急落、大真空<6962.T>、日本電波工業<6779.T>なども大きく売られた。半面、川崎汽船<9107.T>が商いを伴い上昇、ファーストリテイリング<9983.T>もしっかり。日本製鉄<5401.T>も買いが優勢。内田洋行<8057.T>、日本CMK<6958.T>が急伸、井筒屋<8260.T>も値を飛ばした。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ソフトバンクGが急落で5000円大台攻防、8カ月半で株価は半値以下に◇
マネックスGなど仮想通貨関連に逆風強まる、ビットコイン価格は2割強の暴落◇
ウチダエスコはS高カイ気配、内田洋によるTOB価格4130円にサヤ寄せ◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »