株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ティーライフは反落、第1四半期営業利益50%増も材料出つくし 12月06日10時56分

 ティーライフ<3172.T>は反落。同社は3日取引終了後、22年7月期第1四半期(8~10月)連結営業利益は2億1300万円(前年同期比49.5%増)だったと発表したが、材料出つくしの売りが優勢となっているもよう。通期計画9億7100万円(前期比7.7%増)に対する進捗率は22.0%。

 小売事業は前年同期比で伸び悩んだとし、ECモールにおいては育児関連商品、ペット関連商品が好調に推移したものの、外出自粛の緩和による巣ごもり消費の反動減や海外仕入商品の入荷遅延の影響を受けたとした。一方、卸売事業ではテレビショッピングにおける美容・健康関連商品の販売が好調に推移し、実店舗販売では緊急事態宣言解除後の客足の戻りや10月の気温低下により、秋冬商材の引き合いが増加したとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ソフトバンクGが急落で5000円大台攻防、8カ月半で株価は半値以下に◇
6日香港・ハンセン指数=寄り付き23420.44(-346.25)
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」1位にFRONTEO


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »