株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ZHDが反落、「プライム」基準達成に向けた新株予約権発行で需給悪化懸念も 12月06日13時08分

 Zホールディングス<4689.T>が反落。同社は3日取引終了後、22年4月に予定されている東証再編に向けて「プライム市場」を選択することを決議し申請書を提出したと発表した。同社の流通株式比率は6月末時点で33.9%と、プライム市場の上場維持基準である35%に達していない。同社は、同基準を充足するために自社株TOBの実施と新株予約権の発行を行うと発表した。この日は、流通株式比率に向けた新株予約権の発行による株式需給悪化を警戒する売りが優勢となったようだ。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」5位にセレス
◎午後1時現在の値上がり値下がり銘柄数
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」2位にマネックスG


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »