株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

7日の日本国債市場概況:債券先物は152円04銭で終了 12月07日17時29分

<円債市場>
長期国債先物2021年12月限
寄付152円16銭 高値152円21銭 安値152円01銭 引け152円04銭
売買高総計28999枚

2年 431回 -0.115%
5年 149回 -0.090%
10年 364回  0.050%
20年 178回  0.460%

債券先物12月限は、152円16銭で取引を開始。前日のNY市場での米株高・長期金利上昇を受けて売りが優勢になったほか、財務省の30年債入札の結果が弱めとの見方や日経平均株価の上昇で売りが強まり、152円21銭から152円01銭まで下げた。現物債の取引では、全年限が売られた。

<米国債概況>
2年債は0.66%、10年債は1.44%、30年債は1.77%近辺で推移。
債券利回りはやや上昇。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は-0.36%、英国債は0.76%、オーストラリア10年債は1.64%、NZ10年債は2.39%。(気配値)

[本日の主要政治・経済イベント]
・18:30 南ア・7-9月期GDP(前年比予想:+3.8%、4-6月期:+19.3%)
・19:00 独・12月ZEW景気期待指数(予想:25.4、11月:31.7)
・19:00 ユーロ圏・7-9月期GDP改定値(前年比予想:+3.7%、速報値:+3.7%)
・22:30 米・10月貿易収支(予想:-668億ドル、9月:-809億ドル)
・22:30 米・7-9月期非農業部門労働生産性改定値(前期比年率予想:-4.9%、速報値:-5.0%)
・22:30 カナダ・10月貿易収支(予想:+20.8億加ドル、9月:+18.6億加ドル)
・03:00 米財務省・3年債入札
・05:00 米・10月消費者信用残高(予想:+250.00億ドル、9月:+299.13億ドル)



<KK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »