株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

アイル、第1四半期営業利益の通期進捗率17%も「前年の反動でおおむね予想の範囲内」 12月07日15時57分

 アイル<3854.T>は7日取引終了後、22年7月期第1四半期(8~10月)連結営業利益は3億3400万円だったと発表した。上期計画7億5900万円に対する進捗率は44.0%、通期計画20億円に対しては16.7%だった。なお、今期から「収益認識に関する会計基準」を適用しており、前年との比較は記載されていない。

 主力のパッケージソフトウェア「アラジンオフィス」の商品力強化を業種別に継続して進め、パートナー企業との販売面での連携を行ったことなどによって、受注は堅調に推移した。一方、収益面では新型コロナウイルスの影響に伴う検収時期の変更によって前年同期の売上高が増加していたため、その反動が出た。同社では、第1四半期業績はおおむね予想の範囲内で推移したとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
Casaが22年1月期業績予想を上方修正
午後:債券サマリー 先物は反落、オミクロン株への警戒和らぎ売り優勢
ユニネクが21年12月期業績予想を下方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »