株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

チェンジは上げ幅拡大、コニカミノルタパブリテックと合弁会社設立に向けて基本合意 12月09日11時24分

 チェンジ<3962.T>は上げ幅拡大。同社はきょう午前11時に、自治体の業務フロー改革支援を行うコニカミノルタパブリテック(東京都千代田区)と、自治体のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進のための合弁会社設立に向けた検討を行うため、基本合意書を締結したと発表した。

 この基本合意書に法的拘束力はなく、今後協議を進めた上で、法的拘束力のある合弁契約を、22年3月31日をめどに締結することを目指して検討を進める予定。両社のアセットを組み合わせて自治体BPR(業務改革)市場での地位を揺るぎないものにすること、自治体DX推進事業を通じて各地方自治体のDXを支援すること、BPR業務から派生するBPO(業務委託)の受注を加速させることが目的としている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ネクソンが反発、英ゲームズワークショップと人気ファンタジーゲームのライセンス契約
空運株が業種別値上がり率トップに、オミクロン株への警戒感後退で買い戻し続く◇
債券:先物、前場終値は前営業日比9銭安の151円98銭


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »