株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

デジハHDが3連騰で上場来高値に急接近、今3月期増額修正の思惑を背景に継続買い 12月09日12時30分

 デジタルハーツホールディングス<3676.T>が3連騰、5%を超える上昇で2618円まで上値を伸ばし、11月18日につけた上場来高値2661円を視界に捉えている。ここ、継続的な実需買いが観測されており、25日移動平均線を足場に3連続陽線で一気に最高値近辺まで水準を切り上げてきた。同社はモバイルゲームソフトの不具合を検出するデバッグ事業を主力展開するが、非ゲーム分野の拡充にも力を入れ、デジタルトランスフォーメーション(DX)投資が活発化するなか足もとの業績は絶好調に推移している。22年3月期は営業利益段階で前期比10%増の21億円と2ケタ成長を見込むが、市場では保守的との見方が強く、増額修正の可能性が指摘されている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東京株式(前引け)=小幅反落、目先利益確定売りも下げ幅限定的
「電気自動車充電器」が18位にランク、政府支援でインフラ整備加速へ<注目テーマ>
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」2位にミライアル


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »