株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

クリングルは一時10%高、ALSを対象とする第2相試験の最終観察日が終了 12月09日12時54分

 クリングルファーマ<4884.T>は後場に入って前日比9.8%高となる730円まで上昇する場面がみられた。同社はきょう正午に、開発中の組み換えヒトHGFタンパク質について、東北大学病院と大阪大学医学部附属病院で行われているALS(筋萎縮性側索硬化症)患者対象の第2相試験(東北大学医学部脳神経内科青木正志教授を治験調整医師とする医師主導治験)の最終症例に関する最終観察日が終了した旨、連絡があったと発表した。

 この治験は、ALS患者に対して脊髄腔内投与を行うことによる有効性及び安全性を検証するもの。治験の患者組み入れは20年11月に完了しており、今般、最後の患者の投与期間が経過し、最終観察日が滞りなく終了したとしている。今後、全データを収集し、データ解析が行われる予定。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<12月08日の陽線包み足達成銘柄(買いシグナル)>
テスHDが3連騰、バイオマス燃料の第三者認証であるGGL認証を取得
アズワンは後場プラス圏浮上、株式分割と株主優待制度の変更を発表


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »