株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

キッズバイオは後場上げ幅拡大、眼科治療領域のバイオ後続品「ラニビズマブ」販売開始 12月09日13時00分

 キッズウェル・バイオ<4584.T>は後場上げ幅拡大。同社は正午に、千寿製薬(大阪市中央区)と共同で研究開発を進めてきた眼科治療領域のバイオ後続品「ラニビズマブ(遺伝子組み換え)」について、きょうから販売を開始したと発表した。眼科用VEGF(血管内皮細胞増殖因子)阻害剤の初のバイオ後続品で、網膜疾患に対する新たな治療選択肢になるとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」5位にシーズメン
クリングルは一時10%高、ALSを対象とする第2相試験の最終観察日が終了
テスHDが3連騰、バイオマス燃料の第三者認証であるGGL認証を取得


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »