株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マサチューセッツ工科大学、ブロックチェーンで単位を発行【フィスコ・ビットコインニュース】 10月23日18時12分


アメリカの名門マサチューセッツ工科大学(MIT)が実験の一環として、希望する学生の一部に対して業績証明書をビットコインのブロックチェーン上で発行するという試みを行ったことを公表した。

MIT Newsによれば、今夏111名の学生が、従来の紙による証明書に追加する形でアプリを経由してスマートフォン上でビットコインのブロックチェーンに保管された業績証明書を受け取るという選択肢を得た。

このアプリはBlockcerts Walletと呼ばれ、学生はすぐに、大学によって証明されている業績証明書にアクセスすることができる。また、ブロックチェーン上で管理されているためこれらのデータは改ざんすることがほぼ不可能である。このデータを、アプリで簡単に雇用者や大学、家族などにシェアすることができる。

この取り組みは、マサチューセッツ工科大学の教務課と、Learning Machineというマサチューセッツを拠点とするソフトウェア開発企業とが共同で行っている。MITの事務官で上級副学部長であるMary Callahan氏は、今回の取り組みが卒業生にとって彼らの業績証明書を安全に管理し、必要に応じて簡単にシェアできるようにすることを目的としたものであると話している。またLearning MachineのCEOである Chris Jagers氏は、ブロックチェーンを利用して業績証明書を保管したことで、これらのデータは万が一業績証明書の発行元である大学やベンダーのLerning Machineがなくなってしまったとしても存続できる形となって記録された、と発言している。

教育機関が学生のデータをブロックチェーン上で記録して、学生に付与するという取り組みは初めてのことであり、さらに名門校であるマサチューセッツ工科大学がこうした取り組みを始めたことの意義は大きい。



<SI>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »