株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=カチタス、中古戸建の販売増続く 12月05日10時00分

 カチタス<8919.T>が10月30日安値2409円を底に反騰体制を整えつつある。

 11月6日発表の第2四半期累計(4~9月)連結決算は、経常利益44億300万円(前年同期比32%増)で、従来予想を5億5000万円も上回った。同社は主に地方都市圏で個人向けにリフォームした中古戸建の再販事業を行っているが、インターネット広告の強化によるリフォーム中契約の促進や、不動産仲介会社との販売面での協力体制構築により、上期の販売件数が2606件(同12%増)と拡大した。

 19年3月期は経常利益82億6600万円(前期比22%増)で据え置かれたが、上期の計画上振れから上方修正の可能性は高い。また、社会問題になっている空き家の増加や、拡大する中古住宅市場を考慮すると、更なる販売戸数の伸長が見込まれ、これを背景に業績拡大が期待できる。市場拡大を見込んで営業人員も増えているが、新卒採用数の増加は販売量増加のドライバーとなり、中長期的な利益成長を支えよう。(仁)

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
SRGタカミヤは下げ相場に逆行し異彩の5連騰、次世代足場に収益チャンス
CRGHDが大幅反発、「AI-OCR+RPAソリューション事業」を開始
清水建など大手ゼネコンが堅調、国土強靭化の推進で追い風強力◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »