株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

オロの戻り足鮮明、アセットマネジメントOneなどの保有株比率上昇 12月07日14時42分

 オロ<3983.T>が反発、11月中旬に大陰線を引き大きく下に放れたが、3500円近辺を底値ラインに売り物をこなし、ここにきてジリ高歩調で下値を切り上げている。企業のクラウド型のシステム投資が活発化するなか、基幹業務システムで需要を開拓している。強みとするERPソフト開発は大手企業グループからの案件が高水準で収益に反映させている。6日付けでアセットマネジメントOneが同社の株式を買い増したことが判明、保有比率は10.61%(共同保有)にまで高まっており、これも需給面から株価の刺激材料となっている。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 12月07日 14時
デジアーツは年初来高値、情報提供サービス「Dコンテンツ」を19年度初にリリースへ
◎午後2時現在の値上がり値下がり銘柄数


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »