株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

SECのクレイトン委員長、「ICOは効率的である可能性も、証券法順守を」【フィスコ・ICOニュース】 12月11日05時08分

 米証券取引委員会(SEC)のジェイ・クレイトン委員長は6日の講演で、イニシャルコインオファリング(ICO)は「起業家にとり、効果的な手段である可能性」を指摘しつつも、証券法に従わなければならないと訴えた。

SECはフィンテック関連の機関としてFinHubを創設。革新や、法に従った資本調達を求めているどの起業家にも門戸が開かれていると、クレイトン委員長は加えた。委員長はまた、「委員会は、分散型レジャー(DLT)、デジタル資産、ICOに関して特に多くの時間を割いている」「この傾向は2019年も続く」と、語った。

一方で、クレイトン委員長は、ICO関連で数多くの懸念があると改めて強調。ICOは伝統的な株式相場や債券市場で要求されるような投資家保護が著しく欠如しているとした。

   同委員長の見解にはサプライズなく、仮想通貨ビットコインは10日も続落。昨年9月来の安値を更新する展開となった。

   

<KY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »