株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

CFTC、イーサー先物上場を目指し一般コメント募集へ【フィスコ・アルトコインニュース】 12月12日06時39分

 米商品先物取引委員会(CFTC)は先物商品としての上場を考慮しイーサリアムの精査に入った。11日にRequest for Inputを公表し、仮想資産のメカニックや市場に関する意見を公募する。

Cboeグローバルマーケッツは昨年12月にビットコイン先物を開始したのち、イーサー先物の上場を検討していると報じられている。CboeのCOOは8月にブルーンバーグとのインタビューで、「次の先物の上場はイーサーになる可能性がある」と語った。

SECは一般の意見が潜在的な派生商品などを検討する上で助けになると、指摘。質問には、「イーサーネットワークの正常な機能を人為的に混乱させるなどの事象から市場参加者を保護する手段があるのか」などが含まれる。結果は、CFTCが派生商品市場を開設したり、市場の規制強化でシステムリスクを減らす、または、市場を監視する上で、役立つとした。



<KY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「アルトコインニュース」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

証券会社比較&総合ランキング

個人投資家の情報をもとにネット証券会社を徹底比較!
手数料はもとより、取引ツールの使いやすさ、チャート、ニュースや情報配信の充実度などを個人投資家の意見をもとにユーザー目線で徹底比較しています。

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »