株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ステーブルコインのBasis(ベーシス)が閉鎖【フィスコ・アルトコインニュース】 12月15日03時58分

 ドルの価値と連動しているとうたっているテザーやジェミニドルに対抗すべくつくられたステーブルコインのBasis(ベーシス)が14日、閉鎖を発表した。このプロジェクトには、仮想通貨投資家で知られるアンドレッセン・ホロウィッツ氏、プライベート・エクイティ・ファンドのベインキャピタル、ジョージ・ソロス氏のクォンタムファンドを運用していたスタンレー・ドラッケンミラー、前FRB理事のウォルシュ氏など、名だたる投資家が資金を注入していた

米国の証券取引法にシステムを連動させると、かなりのマイナスの影響が出たことを閉鎖の理由だと、Intangible LabsのAl-Naji最高経営責任者(CEO)が説明した。閉鎖と同時に、資金は投資家に変換された。

価格変動のある仮想通貨の損失リスクを抑える法定通貨連動や価格一定型のコインが増えているものの、規制の圧迫は大きく、テザーも閉鎖の噂が絶えない。



<KY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「アルトコインニュース」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »