株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

【中国の視点】英国通信大手:5G設備に中国製品使用、米国の安全問題説に疑問 12月27日12時20分

中国メディアによると、英国の大手通信会社BTグループは24日に次世代通信「4G、5G」などの基地局を中国の大手通信会社ファーウェイの製品を使用すると発表したという。また、同国の携帯大手O2は来年1月からファーウェイの5G製品に対し、テストを行う計画だと報じられた。ほかに、携帯大手EEやボーダフォンがファーウェイ5G製品のテストをすでに始まったとも報じられた。

英国のほか、ドイツ政府もファーウェイ製品について、自国の安全検査が十分だと強調した。ファーウェイ製品から安全問題が検出されないとの報告が示された。ドイツ政府は、国内の通信業者によるサプライヤーの自由選択を認めると発言した。同国の通信大手ドイツテレコムはこのほど、需要や投資の拡大などを受け、ドイツ企業は品質がよくてコストパフォーマンスが良い製品を排除することで受ける経済損失を耐え難いと強調した。

これとは対照的に、米国や日本などの通信会社が安全保障上の懸念から中国製品を排除することを決めている。

中国の専門家は、米国が現在までファーウェイ製品から安全問題を検出していないと批判した。ファーウェイ製品が安全問題よりも貿易戦争のターゲットになっていると強調。また、米国発の世界的な貿易戦争について、米国が最終的に最大の敗者になるとの見方も示した。


<AN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

証券会社比較&総合ランキング

個人投資家の情報をもとにネット証券会社を徹底比較!
手数料はもとより、取引ツールの使いやすさ、チャート、ニュースや情報配信の充実度などを個人投資家の意見をもとにユーザー目線で徹底比較しています。

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »