株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=アズビル、BA・AA事業牽引し増益基調継続へ  1月09日10時00分

 アズビル<6845.T>を見直したい。同社はビルや工場向け制御・自動化機器の大手で、連結増益期待を背景に、株価の戻り歩調継続が期待できる。

 同社のビルの空調や照明設備を制御するビルディングオートメーション(BA)事業は、国内のオフィスビルなど大規模建物向けセントラル式空調制御機器での高いシェアが強み。その豊富なストックをベースに、既設建物の改修やサービスやメンテナンスで稼ぐビジネスモデルが確立されている。

 11月2日発表の上期決算では、前年同期に大型案件があった反動や一時的な引当費用発生などの影響で、同事業は減収減益となったが、今後はバブル期やオフィス大量供給期に建築された既設建物の改修需要増が見込まれており、事業環境は良い。

 また、工場の機械やセンサーを制御するアドバンスオートメーション(AA)は国内外における底堅い自動化ニーズに加えて、収益力強化の取り組みによる効果が上期で表れており、今後の収益押し上げに貢献しよう。

 19年2月期は、会社側では経常利益265億円(前期比9%増)を予想。20年2月期は市場予想では同280億円が見込まれている。(仁)

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
イオンモールは続落、第3四半期は増収増益で着地も材料出尽くし感強まる
パルグループHDが大幅反発、衣料や雑貨事業堅調で第3四半期増収増益
4℃HDが3日続落、ブライダルジュエリー回復遅れ第3四半期は2ケタ営業減益


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

証券会社比較&総合ランキング

個人投資家の情報をもとにネット証券会社を徹底比較!
手数料はもとより、取引ツールの使いやすさ、チャート、ニュースや情報配信の充実度などを個人投資家の意見をもとにユーザー目線で徹底比較しています。

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »