株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

後場の日経平均は256円安でスタート、良品計画や花王などが下落  1月10日13時08分

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;20170.57;-256.49TOPIX;1520.05;-15.06

[後場寄り付き概況]

 後場の日経平均は前日比256.49円安の20170.57円と前引けから下げ幅をやや縮小して取引を開始した。午前の日経平均は4日ぶり反落。アジア株も軟調に推移。225先物はランチタイムにかけて20100円-20170円のレンジで推移。為替は1ドル=108円を割り込み、朝方よりも円高方向で推移している。東京市場も朝方から利益確定売りが先行し、日経平均も20000円を超えたところでは戻り売り圧力が強まりやすくなっていることから手がけづらさが意識されているものの、後場の寄り付きは前場の下げ幅を縮める形となった。安川電機<6506>が本日決算発表を控えていることなどから、様子見姿勢でのこう着状態が続いている格好だ。

 業種別では、化学、石油・石炭製品、非鉄金属、電気機器、ゴム製品などがマイナスで推移している。一方、陸運業、鉱業、電気・ガス業などがプラスで推移。売買代金上位では、良品計画<7453>の下落が目立つほか、花王<4452>、キーエンス<6861>、村田製作所<6981>、任天堂<7974>、ソフトバンクG<9984>、ソニー<6758>などがマイナスで推移している。一方、武田薬品工業<4502>が上昇しており、ZOZO<3092>などがプラスで推移している。


<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

証券会社比較&総合ランキング

個人投資家の情報をもとにネット証券会社を徹底比較!
手数料はもとより、取引ツールの使いやすさ、チャート、ニュースや情報配信の充実度などを個人投資家の意見をもとにユーザー目線で徹底比較しています。

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »