株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

10日のNY市場は上昇  1月11日06時53分

[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;24001.92;+122.80
Nasdaq;6986.07;+28.99
CME225;20340;+230(大証比)

[NY市場データ]

10日のNY市場は上昇。ダウ平均は122.80ドル高の24001.92、ナスダックは28.99ポイント高の6986.07で取引を終了した。主要小売企業が、相次いで年末商戦の低調さを背景に業績見通しの下方修正を発表したことで、売りが先行。パウエルFRB議長が連銀のバランスシートを縮小する金融政策(量的引締め)を維持していることに言及したことも嫌気されたが、引けにかけて下げ幅を縮小し上昇に転じた。セクター別では、資本財や不動産が上昇する一方で耐久消費財・アパレルや小売が下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比230円高の20340円。ADRの日本株はファーストリテ<9983>
が軟調な他は、トヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、任天堂<7974>、エーザイ<4523>、コマツ<6301>、資生堂<4911>、TDK<6762>、日東電<6988>など、対東証比較(1ドル108.45円換算)で全般堅調。

<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「NY市場・クローズ」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

証券会社比較&総合ランキング

個人投資家の情報をもとにネット証券会社を徹底比較!
手数料はもとより、取引ツールの使いやすさ、チャート、ニュースや情報配信の充実度などを個人投資家の意見をもとにユーザー目線で徹底比較しています。

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »