株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

後場の日経平均は157円高でスタート、ファーストリテや日立などが上昇  1月11日12時58分

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;20321.51;+157.71TOPIX;1527.34;+5.33

[後場寄り付き概況]

 後場の日経平均は前日比157.71円高の20321.51円と前引けから上げ幅をやや拡大して取引を開始した。午前の日経平均は反発。アジア株も堅調に推移。225先物はランチタイムにかけて20270円-20300円のレンジで推移。この流れを受けて後場の寄り付きは前引け時点から小幅ながら上げ幅を拡げる形となった。ただ、東京市場は3連休を控えるなか、朝方の買い一巡後は上値の重さが窺え、為替相場でも、1ドル=108円台前半で下げ渋っていることからも積極的な買いを手掛けづらい地合いとなっている。

 業種別では、不動産業、精密機器、電気機器、電気・ガス業などがプラスで推移している。一方、小売業、倉庫・運輸関連業、水産・農林業、陸運業などがマイナスで推移。売買代金上位では、ファーストリテ<9983>の上昇が目立ち、日経平均を押し上げているほか、英原発事業を中断するなどと報じられた日立<6501>が買われている、武田薬<4502>、ソフトバンクG<9984>、コマツ<6301>、任天堂<7974>、ソニー<6758>などがプラスで推移している。一方、イオン<8267>、ユニファミマ<8028>、7&iHD<3382>、村田製作所<6981>などがさえない動きとなっている。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

証券会社比較&総合ランキング

個人投資家の情報をもとにネット証券会社を徹底比較!
手数料はもとより、取引ツールの使いやすさ、チャート、ニュースや情報配信の充実度などを個人投資家の意見をもとにユーザー目線で徹底比較しています。

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »