株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

外為17時 円が反落、108円台前半  1月11日17時38分

 11日の東京外国為替市場で円相場は反落した。17時時点は1ドル=108円32~33銭と前日同時点に比べ40銭の円安・ドル高だった。米中貿易協議の進展への期待から、投資家の運用リスク回避の姿勢が和らいで円売り・ドル買いが優勢になった。午前には108円47銭近辺まで下げる場面があった。

 トランプ米大統領がメキシコ国境の壁建設を巡り「議会で合意がなければ非常事態を宣言する可能性が高い」などと述べたと、日本時間11日午前に伝わった。米政府機関の閉鎖長期化への懸念は円の対ドル相場を下支えした。9~17時の円の高値は1ドル=108円23銭近辺で、値幅は24銭程度だった。

 円は対ユーロで反落した。17時時点は1ユーロ=124円85~86銭と、前日同時点に比べ31銭の円安・ユーロ高だった。ユーロは対ドルで小幅に反落した。17時時点は1ユーロ=1.1525~26ドルと同0.0015ドルのユーロ安・ドル高だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

証券会社比較&総合ランキング

個人投資家の情報をもとにネット証券会社を徹底比較!
手数料はもとより、取引ツールの使いやすさ、チャート、ニュースや情報配信の充実度などを個人投資家の意見をもとにユーザー目線で徹底比較しています。

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »