株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

SEC、2019年度もデジタル資産の審査を最優先に【フィスコ・ビットコインニュース】  1月12日04時59分

 米証券取引委員会(SEC)は2019年度の審査リストの中で最優先課題のひとつとして仮想通貨を挙げた。SECのコンプライアンス検査審査局(OCIE)の声明によると、新生資産に対する個人投資家保護を観点とするという。

OCIEはコインを販売したり、トレーディング、デジタル資産を管理している市場参加者の身元確認や活動を評価していく措置をとる。OCIEはデジタル資産のポートフォリオ管理、コンプライアンス、顧客資産の安全性などを集中的に審査していく。

金融のプロフェッショナルが盗難や不正流用などから顧客の資産を守る適切なセーフガードを維持しているかまた、投資にはリスクが伴うことを投資家に開示しているかどうかに焦点をあてる。

一方で、一部共和党議員は、SECの規制強化が革命に弊害もたらすと非難している。



<KY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

証券会社比較&総合ランキング

個人投資家の情報をもとにネット証券会社を徹底比較!
手数料はもとより、取引ツールの使いやすさ、チャート、ニュースや情報配信の充実度などを個人投資家の意見をもとにユーザー目線で徹底比較しています。

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »