株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

20950円処を突破できるか  2月07日07時52分

[本日の想定レンジ]

6日はNYダウが21.22ドル安の25390.30、ナスダック総合指数が26.80pt安の7375.28、シカゴ日経225先物が大阪比10円安の20860円といずれも弱含み。本日の日経平均は上向きの5日線が下値支持線として作用する一方、昨日まで4日連続でザラ場の天井となった20950円処の抵抗ラインを突破できるかが焦点となろう。一目均衡表では昨日、日々線が一時雲上限を越えたが、終値では雲中に押し戻された。基準線と転換線が横ばいのため株価の回復は小休止となり、本日は雲上限付近での動きとなる可能性もある。ただ、遅行線は株価上にあって強気シグナル発生を続けており、日経平均が下落しても下げ幅は限定的だろう。東証1部の騰落レシオが前日まで2日連続で120%超の過熱圏にあったため、本日の日経平均が小幅に下落して騰落レシオ上の過熱感を冷ました方が今後の上昇トレンド維持につながりそうだ。

[予想レンジ]
上限21000円−下限20850円

<SK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »