株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

11月米貿易収支は予想以上に改善したが・・・  2月07日13時37分

 米商務省が6日発表した昨年11月の貿易収支は−493億ドルとなった。貿易赤字幅は10月実績の557億ドルから縮小した。商務省によると、携帯電話端末と石油製品の輸入減少が赤字幅縮小の要因となった。11月の財・サービスの輸入額は2592億ドル。11月の米貿易収支は改善したが、輸入減少によるものであり、財・サービスの輸出は2099億ドルで10月実績をわずかに下回った。

 市場関係者の間では「2019年の米貿易収支はやや改善する見込みだが、中国向け輸出が増加しても、それ以外の国や地域向けの輸出額は減少する可能性がある」との見方が出ている。11月の米貿易赤字は縮小し、この影響で2018年10−12月期の国内総生産(GDP)の成長率は多少押し上げられる可能性があるが、市場関係者の一部は「米国の輸出額が一定水準を維持できるかどうか、はっきりしない」と指摘しており、米国貿易収支の持続的な改善については、懐疑的な見方が少なくないようだ。


<MK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »