株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=三洋化成、高吸水性樹脂は採算を重視  2月07日10時00分

 三洋化成工業<4471.T>は、界面活性剤と高吸水性樹脂の草分け的存在。また、2020年の実用化に向け、新型リチウムイオン電池のサンプルワークを18年10月から開始している。

 足もと業績は堅調で、2月4日に発表した19年3月期第3四半期累計(18年4~12月)の連結営業利益は101億9600万円(前年同期比8.3%増)で着地し、通期計画130億円に対する進捗率は78.4%に達した。高吸水性樹脂の販売は減少したものの、販売価格の改定で利益率は向上。液体洗濯洗剤用界面活性剤や自動車内装表皮材用ウレタンビーズ、潤滑油添加剤などの販売は好調に推移している。

 同社は中期経営計画で、21年3月期の連結営業利益目標を180億円に設定している。株価は25日移動平均線と75日移動平均線とのゴールデンクロスが視野に入り始めており、まずは昨年10月につけた5920円を目指す展開が期待される。(参)

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
船井総研HDは急騰で8日続伸、19年12月期も増収増益継続で増配へ
MS-Japan急反発、第3四半期営業益65%増で通期計画進捗率86%
タカギセイコーは3日ぶり反発、東証が6日付で日々公表銘柄指定を解除


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

証券会社比較&総合ランキング

個人投資家の情報をもとにネット証券会社を徹底比較!
手数料はもとより、取引ツールの使いやすさ、チャート、ニュースや情報配信の充実度などを個人投資家の意見をもとにユーザー目線で徹底比較しています。

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »