株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

上海市、今年GDP成長率目標を引き下げる  2月08日16時42分


中国上海市政府は1月27日、今年域内総生産(GDP)伸び率目標を6~6.5%に設定した。昨年目標の6.5%を下回った。

同市の応勇市長は同日開催された上海市第15期人民代表会議第2回会議で発表した。また、応市長は今年市全域の一般公共予算収入(歳入)の増長率を5%にするとした。昨年設定した目標は7%だった。

応市長は、今年上海市政府の財政収入が厳しい状況にあるため、市政府部門の一般支出も一律5%削減するとした。

中国財政部(財務省)の劉昆・部長、李克強首相、陳吉寧・北京市長に続き、応勇市長も27日の会議で、「厳しい生活に備えよう」と口にした。

いっぽう、中国メディア「財新網」23日付によると、上海市のほかに、北京市、湖北省、安徽省、福建省など8の地方政府も今年のGDP成長率目標を引き下げた。なかには、新疆ウイグル自治区当局は、昨年目標の7%から、今年の5.5%に大幅に調整した。

ロイター通信28日付は、中国31の省・直轄市・自治区のうち、少なくとも23の省・市・自治区が今年のGDP伸び率目標を昨年の目標から引き下げたと伝えた。

海外の一部の専門家は、中国当局は今年の伸び率目標を6~6.5%に引き下げる可能性が大きいとの認識を示している。

ドイツのシンクタンク、メルカトル中国研究所(MERICS)の最新調査報告書では、2019年は中国経済にとって「困難極まる1年になる」との見方を示した。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)23日付は、中国経済はハードランディングリスクにさらされていると強調した。

(翻訳編集・張哲)



【ニュース提供・大紀元】




<US>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »