株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

概況からBRICsを知ろう~インドSENSEX指数は伸び悩み、利下げの影響は長続きせず  2月08日10時42分

【ブラジル】ボベスパ指数 94405.59 -0.24%
7日のブラジル株式市場で主要株価指数のボベスパ指数は前日比229.98ポイント安(-0.24%)の94405.59で取引終了。株価指数構成銘柄の中では28が上昇、37が下落。

アンベブ(ABEV3)はしっかりとなったが、LOG Commercial Properties e Participacoes(LOGG3)はさえない動きとなった。米中貿易協議の順調な進展に対する市場の期待は後退しつつあることが株価指数を圧迫した。

【ロシア】MICEX指数 2509.89 -1.17%
7日のロシア株式市場で主要株価指数のMOEXロシア指数は29.84ポイント安(-1.17%)の2509.89で引けた。取引レンジは2506.60−2540.45。

取引開始後に前日比プラスとなる場面があったが、米中貿易協議進展への期待後退で欧米株式が下落したことから、売りが優勢となった。

【インド】SENSEX指数 36971.09 -0.01%
7日のインドSENSEX指数は伸び悩み。前日比4.14ポイント安(-0.01%)の36971.09、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同6.95ポイント高(+0.06%)の11069.40で取引を終えた。

インド中央銀行による利下げの影響は長続きせず、株価指数は伸び悩んだ。SENSEX指数構成銘柄では、上昇が20、下落が11、変わらずは0となっている。

【中国本土】
休場



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »