株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

修正EU離脱案は議会採決へ  3月12日14時33分

 報道によると、英国政府は欧州連合(EU)からの離脱合意案の修正を確保したもようだ。ユンケル欧州委員長は会見で「法的に拘束力のある手段で英首相と合意に達した」と述べており、英国議会に対して修正EU離脱案を支持するよう求めた。メイ英首相は「バックストップ巡って法的拘束力を伴う修正で合意した」と述べた。メイ首相は「離脱後もEUとの緊密な経済関係は維持される」との見方を示しており、12日に英国議会で行なわれる修正離脱合意案の採決で合意案が可決される可能性が浮上している。

 先週末時点で英政府の修正欧州連合(EU)離脱案は議会で否決される可能性が高いとみられていたが、EU側が英国側の事情に一定の配慮を示したことによって「合意ある離脱」への期待が高まった。なお、報道によるとユンケル欧州委員長は「英国は5月23日までにEUを離脱しなければならない」と伝えている。12日の採決で修正案が否決された場合、リスク回避的な取引が急速に拡大し、米ドル買い・欧州通貨売りや欧州通貨売り・円買いの動きが強まる可能性がある。


<MK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

証券会社比較&総合ランキング

個人投資家の情報をもとにネット証券会社を徹底比較!
手数料はもとより、取引ツールの使いやすさ、チャート、ニュースや情報配信の充実度などを個人投資家の意見をもとにユーザー目線で徹底比較しています。

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »