株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

修正EU離脱案否決で合意なき離脱への警戒感残る  3月13日15時32分

 メイ英首相が欧州連合(EU)との協議を経て修正を加えたEU離脱案は、英議会で反対多数で否決された。市場参加者の間では、「合意なき離脱は議会で否決される可能性が高い」との見方が広がっているが、採決結果については予断を許さない状況との見方も多い。本日13日に合意なき離脱の是非が議会で採決されるもようだが、メイ首相は保守党議員にも自由な投票を認めているようだ。

 議会で合意なき離脱が否決された場合、14日または週内に離脱延期の採決を行うとみられている。ただ、離脱期限を延期しても問題解決につながることは期待できないとの慎重な意見は少なくない。報道によると、トゥスクEU大統領の報道官は、「英議会採決の結果、合意なき離脱のリスクが増大した」と述べており、英政府がEU側に離脱延期を要請してもただちに認められる保証はないようだ。リスク選好的なポンド買いは当面抑制される可能性が高い。


<MK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

証券会社比較&総合ランキング

個人投資家の情報をもとにネット証券会社を徹底比較!
手数料はもとより、取引ツールの使いやすさ、チャート、ニュースや情報配信の充実度などを個人投資家の意見をもとにユーザー目線で徹底比較しています。

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »