株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ノムラシステム Research Memo(2):後継製品にリプレイスする2025年までを飛躍の期間に  3月15日15時22分

■当面の事業展開

前述したとおり、ノムラシステムコーポレーション<3940>はSAPとサービスパートナー契約を結んだことが、飛躍のきっかけとなった。SAPは、全世界130ヶ国以上に支社を持つ、ヨーロッパ最大級のソフトウェア会社である。大企業や中堅企業、公的機関など比較的大きな法人向けERP市場において、25業種30万社以上の顧客を擁している。

現在の主力である「SAP ERP 6.0」は2025年にメンテナンス終了予定となっており、同社では、「SAP S/4HANA」へ完全切替えとなる2025年までを大きく成長する8年として位置付けている。その時点では、「SAP S/4HANA」を土台に、SAP ERPとビッグデータ分析、AI、IoT、クラウドの組み合わせによる競合優位を確立する。そのためには、レベルの高い人材育成、採用が課題となりそうだ。同社は成長戦略を進めるため人材投資を積極的に行なっていき、新卒を育てて戦力化させ、着実にビジネスを遂行していく方針である。


次世代戦略室によりRPA事業を推進
さらに、デジタルテクノロジーを活用したサービスを展開していくため「次世代戦略室」を発足させたことも見逃せない。発足の目的は、持続的成長と企業価値向上を実現加速させることを目指すこと、としている。まずは、RPA(Robotic Process Automation)サービスの推進だ。数社の受注(予定含め)が進んでおり、企業規模・業種によらず、次世代戦略室単独での引き合いが活性化していると言う。今後は、SAPのロボット化で付加価値を高め、全社での受注拡大につなげる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 水野文也)



<SF>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

証券会社比較&総合ランキング

個人投資家の情報をもとにネット証券会社を徹底比較!
手数料はもとより、取引ツールの使いやすさ、チャート、ニュースや情報配信の充実度などを個人投資家の意見をもとにユーザー目線で徹底比較しています。

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »