株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

BTC強気派ファンドストラットのトム・リー氏、2019年のBTCは再び急伸へ【フィスコ・ビットコインニュース】  3月15日07時02分

ビットコインの強気派として知られるファンドストラットのトム・リー氏は2019年に再び、ビットコインが急伸すると強気の見方をCNBCに語った。

同氏によると、ビットコイン市場は2019年、おそらく修復の年になり、世界的なリスク選好の動きがビットコインにとってもプラスに働くと指摘。昨年は「逆風だった」と説明。さらにMPモルガンなどの金融機関だけではなく、フェイスブックなどといったソーシャルメディアもデジタル通貨の開発に着手していることも強き材料として挙げた。

投資信託のフィデリティもデジタル通貨の保管サービスを開始。ニューヨーク証券取引所(NYSE)を傘下に持つICEが運営する仮想通貨取引所Bakktも今年中に開始する予定で、年金による投資も期待されていると加えた。



<KY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

証券会社比較&総合ランキング

個人投資家の情報をもとにネット証券会社を徹底比較!
手数料はもとより、取引ツールの使いやすさ、チャート、ニュースや情報配信の充実度などを個人投資家の意見をもとにユーザー目線で徹底比較しています。

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »