株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

米CFTC最高責任者、仮想通貨などの方針における「4つの基礎」を語る【フィスコ・ビットコインニュース】  3月15日12時21分

米CFTCの理事長を務めるGiancarlo氏は「国際先物産業会議」にて、同局における仮想通貨・ブロックチェーン技術などの技術的発展に応対するための「4つの基礎」に言及。4月の任期満了を迎える理事長のこれまでの方針とは?

米CFTC(商品先物取引委員会)の理事長を務めるGiancarlo氏は3月13日に行われた国際先物産業会議 の「デジタル市場の将来」のテーマにて、「CFTCが日進月歩で進む、仮想通貨・ブロックチェーン技術も含む市場と技術的発展に対応するために、4つの基礎を定めている。」と、下記のようにリストアップした。

技術発展の迅速なペースと適切な規制手段を予測した指数関数的な成長の考え方を採用すること
ブロックチェーンなどのデータベースを独自で分析できる「量的規制者」になること
ビットコイン先物の開始を見届けたように、「市場ベースの解決策」を用い、技術革新の価値を見極めること
CFTCのフィンテック内部ステークホルダー「LabCFTC」を立ち上げたこと

LabCFTCとは、CFTCのコミッショナー、スタッフに対して技術の革新や市場状況に関する説明を行う部門で、グローバル規模で他国の規制当局とも連携を締結している。

Giancarlo理事長によると、「LabCFTCは立ち上げから2年間、すでに250以上の技術革新企業と共同で交流・模索をしてきた」とのことだ。

Giancarlo理事長は今年4月13日をもって任期が満了するため、今回の会議で最終の公開登壇発言となり、その後はHeath Tarbert氏が就任する予定だとされている。

同理事長は、これまで、仮想通貨・ブロックチェーン業界に対して、「害のない規制方針を取るべき」や、「ビットコイン先物は投機バブルを仕留めた」などの意表を示してきており、『仮想通貨親和派』として親しまれている。

Giancarlo理事長のこれまで取ってきた方針がCFTCの新理事長にどのように取り扱われるか注目するべきと言えるだろう。

(記事提供:コインポスト)



<SI>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

証券会社比較&総合ランキング

個人投資家の情報をもとにネット証券会社を徹底比較!
手数料はもとより、取引ツールの使いやすさ、チャート、ニュースや情報配信の充実度などを個人投資家の意見をもとにユーザー目線で徹底比較しています。

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »