株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ハーバード大学基金、米SECの登録目指す仮想通貨を購入【フィスコ・仮想通貨コラム】  4月12日13時14分

ハーバード大学基金(Harvard Management Company )が、米分散型ネットワークのスタートアップであるブロックスタックのトークンセールに投資したことが米国証券取引委員会(SEC)に提出された販売申告から明らかとなった。

ブロックスタックはSECからの承認の下にトークンの発行と資金調達を行うことを目指しており、SECの発表している仮想通貨に関するガイドラインに沿った形で準備を進めているという。これが実現すると、初めてSEC公認によるトークン発行と販売が行われることになる。

販売申告書によれば、今回ハーバード大学基金が購入しているのはブロックスタックの発行するスタック・トークン(Stacks Token)で、ラックスキャピタル、ファンデーションキャピタルの関連会社からの指名者と共に合計95,833,333スタックトークンを購入したとある。このうちどれだけの額をハーバード大学基金が購入しているかは明らかではないが、大手大学によるトークンセールへの参加は大きなインパクトとなる。

昨年アメリカではハーバード大学基金だけでなく、マサチューセッツ工科大学やスタンフォード大学、ダートマス大学などの米名門大学が仮想通貨ファンドや仮想通貨関連企業の株式などに数億円単位の投資を行っていることが報じられて注目されていた。



<SI>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「仮想通貨コラム」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »