株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は大幅に3日続伸、4カ月ぶり22000円台回復  4月15日15時44分

日経平均は大幅に3日続伸。12日の米国市場では、決算発表したJPモルガン・チェースや動画配信サービスについて公表したウォルト・ディズニーが買われ、NYダウは大幅反発して269ドル高となった。為替相場も一時1ドル=112円台まで円安方向に振れ、週明けの日経平均はこうした流れを好感して昨年12月4日以来、およそ4カ月ぶりに節目の22000円を上回ってスタートした。前引けにかけ一時22211.03円(前週末比340.47円高)まで上昇したが、上値では利益確定の売りも出てこう着感の強い展開となった。

大引けの日経平均は前週末比298.55円高の22169.11円となった。東証1部の売買高は12億2562万株、売買代金は2兆3924億円だった。業種別では、全33業種がプラスとなり、鉱業、倉庫・運輸関連業、保険業、機械、非鉄金属が上昇率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の89%、対して値下がり銘柄は9%となった。

個別では、ソフトバンクG<9984>が売買代金トップで連日の年初来高値更新。引き続き投資先である米ウーバーテクノロジーズの上場申請が材料視されたようだ。米金融株高を受けて三井住友<8316>や三菱UFJ<8306>が買われ、中国景気に対する懸念後退からキーエンス<6861>や安川電<6506>の上げも目立った。その他売買代金上位では、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、ソニー<6758>、トヨタ自<7203>
などが堅調。国内販売網の再編が報じられたルネサス<6723>などは急伸し、決算が好感されたベイカレント<6532>は東証1部上昇率トップとなった。一方、検査不正によるリコール(回収・無償修理)実施と特別損失の計上を発表したスズキ<7269>は売り先行。前週末に建築基準の不適合を公表した大和ハウス<1925>は大幅続落した。また、決算発表のGunosy<6047>やディップ<2379>が東証1部下落率上位に顔を出した。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »