株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

概況からBRICsを知ろう~インドSENSEX指数は3日続伸、海外市場の上昇を受け  4月16日09時40分

【ブラジル】ボベスパ指数 93082.97 +0.22%
15日のブラジル市場は5日続落。主要指標のボベスパ指数は前日比207.97ポイント高(+0.22%)の93082.97で取引を終えた。93722.86から92697.05まで下落した。

買いが先行した後は前日の終値近辺でもみ合った。成長予想が再び下方修正されたことが嫌気され、ブラジル株に売りが継続。ブラジル中央銀行がエコノミスト約100人を対象にまとめた調査では、2019年、20年の成長予想が、それぞれ前回調査の1.97%、2.70%から1.95%、2.58%まで下方修正された。また、米株式市場が弱含みの展開を示したことも売り圧力を強めた。

【ロシア】MICEX指数 2545.12 -0.57%
15日のロシア株式市場は小反落。主要指標のMOEX指数は前日比14.60ポイント安(-0.57%)の2545.12で取引を終了した。2569.92から2539.74まで下落した。

買いが先行した後は下げ幅をじりじりと拡大させた。新たな手掛かり材料が乏しい中、原油価格の下落が足かせとなり、資源銘柄を中心に売りが広がった。また、最近の上昇で足元では高値警戒感も強い。ほかに、経済指標の悪化などが景気減速懸念をやや強めた。3月の鉱工業生産上昇率(前年同月比)1.2%となり、前月の4.1%と市場予想の2.8%を下回った。

【インド】SENSEX指数 38905.84 +0.36%
15日のインドSENSEX指数は3日続伸。前日比138.73ポイント高(+0.36%)の38905.84、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同46.90ポイント高(+0.40%)の11690.35で取引を終えた。

買いが先行した後は上げ幅をやや拡大させた。海外市場の上昇を受け、インド株にも買いが広がった。また、米中経済指標の改善なども世界経済の減速懸念をやや緩和させた。国内では、外国人投資家(FII)の買い継続が指数をサポート。FIIはこの日までに7日連続の買い越しとなった。

【中国本土】上海総合指数 3177.79 -0.34%
週明け15日の上海総合指数は小幅に値下がり。主要指標の上海総合指数は、前営業日比10.84ポイント安(-0.34%)の3177.79ポイントと3日続落した。

売り圧力が意識される流れ。中国景気の先行き楽観などで上海総合指数は一時2%上昇したものの(年初来高値に接近)、上値は重く、引けにかけてマイナスに転じている。12日引け後に発表された金融統計では、国内金融機関の人民元建て新規融資が予想を上回った。前月実績と比較し、2倍以上に膨らんでいる。今週は17日に3月の重要経済統計(鉱工業生産や小売売上高など)や第1四半期GDP成長率が公表されることもあり、結果を見極めたいとするスタンスも漂った。



<CS>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »