株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東証大引け 4日続伸 通信株買われる かんぽ生命は安い  4月16日15時18分

 16日の東京株式市場で日経平均株価は小幅ながら4日続伸し、前日比52円55銭(0.24%)高の2万2221円66銭で終えた。連日で年初来高値を更新し、昨年12月3日以来、約4カ月ぶりの高値となった。4日続伸は2月下旬以来約2カ月ぶり。NTTドコモが携帯電話の通信料金引き下げを15日に発表したのをきっかけに、悪材料出尽くしとみた投資家の買いが通信株全般に広がり、相場を押し上げた。もっとも、新規の買い材料は乏しく、上値の重さも目立った。

 JPX日経インデックス400は反落した。終値は前日比9.41ポイント(0.07%)安の1万4448.16だった。東証株価指数(TOPIX)も反落し、1.47ポイント(0.09%)安の1626.46で終えた。

 東証1部の売買代金は概算で2兆929億円。売買高は10億5075万株と、低調だった。東証1部の値上がり銘柄数は698と全体の約3割にとどまった。値下がりは1346、変わらずは97銘柄だった。

 KDDI、ソフトバンクグループ(SBG)が高い。ファストリ、ソニー、ユニファミマも上昇した。一方、第一三共、大日本住友、中外薬が安い。ファナックやかんぽ生命も下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »