株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

外為サマリー:111円90銭前後で推移、日米貿易交渉の行方に関心  4月16日15時37分

 16日の東京外国為替市場のドル円相場は、午後3時時点で1ドル=111円92銭前後と前日午後5時時点に比べ横ばい圏。ユーロは1ユーロ=126円53銭前後と同10銭程度のユーロ安・円高で推移している。

 ドル円は方向感に欠ける展開が続き、午後も111円90銭前後で推移。日銀の黒田東彦総裁は衆議院財務金融委員会に出席し「15~16年に比べて世界経済が悪化していく可能性は低い」などと述べたが、市場の反応は限定的。市場では、日米貿易交渉の行方が関心を集めている。同交渉の内容に関しては、米現地時間の16日の協議後にも記者会見が開かれる見通しだ。

 ユーロは対ドルでは1ユーロ=1.1304ドル前後と同0.0010ドル強のユーロ安・ドル高で推移している。



出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
欧米(16日)の注目経済指標=米鉱工業生産指数など
片倉が「ビソノテープ」の中国における開発・販売で深セン万楽と基本枠組契約を締結
<個人投資家の予想> 04月16日 15時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »