株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

決算ピークを前に日本電産の決算内容を見極め  4月23日09時00分

 23日の日本株市場は、こう着感の強い相場展開が続きそうである。連休明けの米国市場はNYダウが下落となる一方で、ナスダック、S&P500は上昇となった。NYダウはボーイングの下落影響であり、下げに対する影響が限られようが、多くの主要企業決算が予定されており、発表内容を見極めたいとの思惑から模様眺めムードが強い。シカゴ日経225先物清算値は大阪比変わらずの22240円。円相場は1ドル111円90銭台と横ばい推移が続いている。

 ナスダックの上昇からハイテク株の一角への波及が意識されるが、AMDが堅調だったほかは高安まちまちであり、こちらの影響も限られそうである。また、米国預託証券(ADR)ではファーストリテ<9983>が弱い値動きとなっており、これが日経平均の重石になることも考えられよう。

 昨日の東証1部の売買代金は今年最低であり、薄商いの中を先物主導のインデックス売買に振らされやすい需給状況になりそうだ。米国市場の休場明けによって米国系の資金流入が意識されることになろうが、国内機関投資家は10連休前で積極的な売買は手控えられることになりそうだ。

 なお、需給面では逆日歩を避けるための買い戻しのピークが、本日となる。本日までに買い戻しを行うと、受け渡しが週内となるが、24日に買い戻しを行うと、受け渡しが連休明け後の5月7日になり、その結果、11日分もの逆日歩が発生してしまう。そのため、逆日歩銘柄への買い戻しを狙った値幅取り狙いの売買が有効なのは、23日までとなろう。

 その後も買い戻しの動きはみられようが、今週後半から決算発表が集中しており、10連休明け後は決算ピークとなるため、模様眺めムードが強まりやすいところである。また、足元の決算については、今日予定されている日本電産<6594>の結果を受けた市場反応を見極めたいところであろう。


<AK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »